siroca(シロカ)のコーン式全自動コーヒーメーカーSC-C111,SC-C121,SC-C122,SC-C123の違い

siroca(シロカ)のコーン式全自動コーヒーメーカーを購入するにあたり、型番によりやや仕様や機能が違う点があったので、こちらの記事にまとめました。

わたし
わたし

siroca(シロカ)のコーン式全自動コーヒーメーカーの購入を検討している方の参考になればと思います。

目次

SC-C111,SC-C121,SC-C122,SC-C123に共通する基本機能・仕様

siroca(シロカ)のコーン式全自動コーヒーメーカーシリーズに共通する基本機能・仕様はをまずはまとめています。

siroca コーン式全自動コーヒーメーカー
タイマー機能タイマー設定可能
ミルコーン式
豆/粉両方対応
テイスト切り替えマイルド/リッチ(濃いめ)
ミル段階無段階(細挽き~粗挽き)
付属品軽量スプーン、お手入れブラシ
蒸らし機能あり
電圧AC100V
周波数50/60Hz
消費電力750W
抽出方式ドリップ式
最大使用水量0.54L(4杯分)
コード長(約)1.2m
サイズ(約)幅16×奥行27×高さ39cm
本体重量(約)4.0kg(付属品を除く)
付属品計量スプーン、お手入れブラシ
siroca コーン式全自動コーヒーメーカー基本機能・仕様

SC-C111,SC-C121,SC-C122と,SC-C123の違い

本体デザイン、サーバー、保温機能、付属品の4つの軸で違いを記載します。

型番:SC-C111

SC-C111の本体デザイン

本体のデザインについては、フィルターを入れる中央にある「siroca」のロゴの箇所がシルバーに黒文字というデザインになっています。

SC-C111のサーバー

サーバーはガラスサーバーが採用されています。

SC-C111の保温機能

ガラスサーバーということもあり、冷めやすいのか30分保温できる機能が付いています。

SC-C111の付属品

紙のフィルターが5枚分セットになっています。無くなれば購入が必要です。SC-C111に利用できるステンレスフィルターも販売されています。

型番:SC-C121

SC-C121の本体デザイン

本体のデザインについては、フィルターを入れる中央にある「siroca」のロゴの箇所が濃いグレーに白系文字というデザインになっています。サーバーもタングステンブラックという濃いグレーが採用されているので全体的に黒系で統一されシックな印象です。

SC-C121のサーバー

サーバーは二重構造の冷めにくいステンレスサーバーが採用されています。

SC-C121の保温機能

二重構造のステンレスサーバーということもあり、ガラスサーバーを採用しているSC-C111にあった30分保温できる機能は付いていません。

SC-C121の付属品

紙のフィルターが5枚分セットになっています。無くなれば紙のフィルターの購入が必要です。または、SC-C121に利用できるステンレスフィルターも販売されています。

型番:SC-C122

SC-C122の本体デザイン

本体のデザインについては、SC-C111同様、フィルターを入れる中央にある「siroca」のロゴの箇所がシルバーに黒文字というデザインになっています。

SC-C122のサーバー

サーバーは二重構造の冷めにくいステンレスサーバーが採用されています。

SC-C122の保温機能

二重構造のステンレスサーバーということもあり、ガラスサーバーを採用しているSC-C111にあった30分保温できる機能は付いていません。

SC-C122の付属品

SC-C111やSC-C121と違い、紙のフィルターではなく、ステンレスフィルターが付属されています。紙のフィルターを購入する必要がありません。

型番:SC-C123

SC-C123の本体デザイン

本体のデザインについては、フィルターを入れる中央にある「siroca」のロゴの箇所がゴールドに白っぽい文字というゴージャス感あるデザインになっています。

SC-C123のサーバー

サーバーは二重構造の冷めにくいステンレスサーバーが採用されています。

SC-C123の保温機能

二重構造のステンレスサーバーということもあり、ガラスサーバーを採用しているSC-C111にあった30分保温できる機能は付いていません。

SC-C123の付属品

SC-C111やSC-C121と違い、紙のフィルターではなく、ステンレスフィルターが付属されています。紙のフィルターを購入する必要がありません。

SC-C111とSC-C121とSC-C122とSC-C123の違いまとめ(表形式)

ここまでの型番ごとの違いを表にまとめました。

型番SC-C111SC-C121SC-C122SC-C123
本体デザイン
①フィルター投入中央部分:
②ロゴ文字:
①:シルバー系
②:黒系
①:濃いグレー系
②:白系
①:シルバー系
②:黒系
①:ゴールド系
②:白系
サーバー
ガラスサーバー二重構造
ステンレスサーバー
二重構造
ステンレスサーバー
二重構造
ステンレスサーバー
保温機能
あり(30分)なしなしなし
付属品(フィルター)
紙フィルター付
(5枚入)
紙フィルター付
(5枚入)
ステンレスフィルター付ステンレスフィルター付
Amazon価格感
(2020/10/18時点)
14,580円18,590円18,000円24,800円
siroca(シロカ)のコーン式全自動コーヒーメーカー 主な違い
わたし
わたし

我が家では、SC-C121を購入しました。決め手は、妻がガラスは落としそうということもあり、ステンレスサーバー本体デザインが黒系でまとまったシックさです。

最後にそれぞれの商品のリンクを貼っておきますので、ご興味あれば詳細をご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる